大きな河川の近くに建設しない

255月 - による vest - 0 - 未分類

“木造の一戸建てをマイホームとして考えている時は、建設する場所も重要です。避けなければいけない場所としては大きな河川の近くになります。
日本は、台風の被害に合いやすく、居地的な雷雨や梅雨など雨の被害に合いやすい土地でもあります。もし、大きな河川が近くにあれば河川の増水などで家の中に水が流れてくる可能性があります。床上浸水や床下浸水などの被害に合う家庭もあります。
木材の場合は、水による長時間の被害はダメージを受けやすく腐るのが早くなる可能性があります。そうなると家の耐震強度にも影響してきます。いくら頑丈な木材でも浸水被害に何度も合うとダメージを受けるのでなるべく大きな河川の近くには家を建てないことが大事です。
小さい河川ですと、大きな被害を受ける可能性は低いですからそこまで心配する必要はないです。過去に河川の増水で大きな被害に合った場所は特に注意が必要です。安心して暮らすためには、河川についても考える必要があります。”